賃貸で借りたお部屋を退去するときに行う敷金精算ですが、トラブルがあったりして、これを防ぐことも大事

賃貸の初期費用分割払い

賃貸で敷金トラブルを防ぐ

賃貸の退去のときの敷金精算で何かとトラブルが起きやすいですが、それは貸主と借主双方の原状回復義務に対しての考え方が違うからです。ですがどうせならトラブルなくスムーズにさらに多く返還してもらって退去してみたいです。そしてまず最初にお部屋を契約する時が大事で契約書は専門用語がたくさん出てきて難しくて苦手と思いがちですが、ここでチェックしておくかどうかは、後の退去の時に大きく影響します。そして契約をするときは重要事項の説明がされますが、これは契約する前に物件の設備や条件を細かく説明してこれでいいですかと確認するものです。

もちろんこの段階で契約を止めてもいいですが、実際に契約書に判を押す直前にされることが多くて、じっくり契約する時間がないことが現実です。また物件が気に入って申し込んだ時にどういった内容で契約するかコピーなどもらって契約前に自分で読み込み納得できる内容かといったことを確認しましょう。そして、大抵のときは契約書には契約をするときの条件の記載があって、そこに契約終了時の敷金の清算に関する事項の記載があります。そして、ここは家賃滞納分と相殺するなどのK差異がありますが、その原状回復費用の範囲が決まっているか確認してください。