賃貸物件一人暮らしの女性は常に不安を抱いているものです。そんな不安を少しのイマジネーションで軽くしましょう。

賃貸の初期費用分割払い

女性の賃貸物件一人暮らしにおけるプチ防犯メソッド

賃貸一人暮らし、特に女性の一人暮らしは常に危険と隣り合わせ、と言っても過言ではありません。ですが、本来心休まるはずの自宅でビクビクしっぱなしではやってられません。少しの工夫でも防犯はできるのです。もちろん警戒心は必要ですが、安心というスパイスを振りかけることは無駄ではありません。小粒でもピリリと効くスパイスを用いましょう。ではどんな防犯スパイスがあるのでしょうか。

まずこれはほとんどの女性が行っているかもしれませんが、ベランダに洗濯物を干すべからずということです。ベランダに女性物の洗濯物が干してあるということは空き巣や強盗に『来るなら来い』と挑戦状をまき散らしているようなものです。室内干しはカビやら生渇きやらで自分のライフスタイルにはふさわしくない、という方もいるかもしれません。ここはひとつ室内乾燥機に任せましょう。ベランダに洗濯物を干すべからず、これはいろはの『い』です。

他にはいざという時のために玄関に男性物の靴を置いておくとよいでしょう。万が一の際に男性がいるかもしれない、と空き巣や強盗に思わせることができればあきらめてそそくさと引き返す可能性があります。いっそ玄関一面に男性物の靴を敷き詰めておくのも良いでしょう。この場合はかなりの確率でしっぽを巻いて引き返すはずです。他には寝室にカギを取り付けることも重要です。ここにいる、と宣言することにもなりますが身の安全より大切なものはありません。少しの工夫で安全性を高めることができるのです。