賃貸マンションに住んでいて、普通のレベルの生活音が気になる場合は、遮音カーテンや防音カーペットが効果的です。

賃貸の初期費用分割払い

賃貸物件の生活音対策には簡単に出来ることもあります

賃貸物件に住んでいて騒音が気になることがあります。自分が出す場合もありますし、隣の部屋から聞こえてくる場合もあります。もちろん、大音量で音楽を聴いたり、夜中に友人と騒いだりという事は非常識なことなのでしてはいけません。もしも、隣の部屋の人がそれをやっていた場合は、管理会社へ連絡して対処してもらう必要があります。しかし、そこまでの騒音でなくても、話し声やテレビの音など、普通の日常生活で出る音が聞こえてくる場合があります。その場合は、当然こちら側の音も相手に伝わっているという事です。

基本的には、この程度の生活音は、お互いに受忍しなければならないものです。共同住宅で壁1枚を隔てた隣室で暮らしているわけですから当然のことと言えます。しかし、そんな音でも気になる場合に、自分たちで出来る対処があります。賃貸物件ですから、大掛かりな工事はできませんので、簡単に出来ることです。それは先ずはカーテンを変えることです。遮音カーテンというものが売られていますので、これに変えるだけでも十分に効果はあります。それから、防音カーペットというものもあります。これを敷くだけでも音を吸収してくれるので非常に効果があります。