一時的に住むのなら、わざわざ新しい賃貸物件を探すのではなくて古めのアパートもありだと思います。

賃貸の初期費用分割払い

一時的に住むのなら古めの賃貸アパートもあり

一時的つまり短期間住むために賃貸アパートを借りる場合には、古めのアパートを借りるのもありです。通常古い物件になってきますと、設備も古いですし、部屋の中もそれほど綺麗ではないです。全体的に古くなっているのでそれはしょうがないです。つまり、不満な部分が多い可能性があります。しかし、その分かなり家賃の方は安くなっていますので経済的には助かります。短期間の場合ですと、少々満足できない部分があっても、短期間ですので十分我慢できると思います。また、家賃が安いですので負担も少ないですし、短期間の間住むのでしたら古めのアパートも十分適切な判断になってきます。

もちろん、自分が最低限必要な条件をクリアしておく必要はありますけど、短期間でわざわざ熱心に住む場所を考えたり、比較的新しい物件に住んだりしなくてもそれほど問題はないと思います。ただ、あまりに古いですと耐震強度に問題がある場合もあります。短期間でもその間に災害が発生する可能性もあります。その事を考えて、耐震強度に問題があるようなかなり古いアパートに住むのは控える必要があります。その点は十分注意しなければいけないです。このように短期間であれば、少々古めのアパートでもありだと思います。