不動産屋訪問では借主の優位性をもろに出すのは控えましょう。賃貸契約の成否はあなたの誠実な態度にかかっています。

賃貸の初期費用分割払い

賃貸契約で不動産屋を訪問するときのマナーについて

賃貸契約で不動産屋を訪問するときのマナーについては、礼節をもってきちんとした服装で出かけることが大切です。休日はジーンズにスニーカーという人でも、不動産屋を訪ねるときには、普段会社に出かけるときと同程度の身だしなみが必要です。不動産仲介業は物件の貸主と借主の間を取り持つとてもデリケートな仕事なんです。だらしない服装や、頭を真っ赤に染めたかっこうで出かければ、不動産屋でも貸主に推薦しづらくなるのが道理なんです。不動産屋でのマナー、態度、話し方、身だしなみには特段の気配りが求められます。

不動産屋では言うべきことは、はっきりと言うという態度が大切です。自分の物件に対する希望は、わかりやすい言葉できちんと正確に伝えましょう。不動産屋は、あなたの話し方や態度などから、あなた自身の性格を見抜く力を有しています。誠意を持って、飾らず、自分の思いを正確に伝えることが大切なんです。例えば、こちらの希望条件は多少敷居が高いなと感じられる場合でも、明確に発言しましょう。そこから、ようやくネゴーシエーション(交渉)が始まるのですから。

不動産屋訪問では、借主はお客様という優位性はありますが、その優位性をもろに出すのは控えましょう。不動産屋ではあなたの身だしなみと同時に話し方や態度まで、注意深く観察されているのだということを肝に銘じておくべきです。あなたが誠実な人であることを理解してもらったら、賃貸契約は半ば成功したようなものなのです。