賃貸にかかる費用いろいろあり、詳細は契約書に記載されております。それぞれの内容を確認することが必要です

賃貸の初期費用分割払い

賃貸物件を借りる時にかかる費用内訳

賃貸物件を借りる時にはいろんな費用がかかります。一般的には敷金、礼金なのです。この敷金、礼金は一律ではなく、不動産会社、物件によって異なりますし、地方によっても異なるのです。その証拠に関東では敷金、礼金なのですが、関西地方では保証金と言う制度があるのです。そのため、関西では敷金、礼金という名前が無かったりするのです。また、地方によっても敷金、礼金か、保証金かは地方によって異なるのです。礼金は賃貸を借りた時の大家へのお礼と言う意味になりますので退去時に返却されることはありません。

敷金、保証金は意味合い的には同じです。若干異なる部分もあるのです。敷金は入居者が退去した時の原状回復費用に充てるためのお金です。ですのできれいに利用していればお金はかなり返ってくるのです。保証金は家賃を滞納した時に充てられるお金です。しかし、保証金も敷金と同じ用に原状回復費用になるケースもあります。また、保証金には償却分があるケースがあります。償却分があると返却されないのです。礼金のような扱いがあるのです。

他にもかかる費用として仲介手数料、保険金などがあるのです。それぞれにかかる費用は契約書に書かれていますので、契約書をしっかり確認してトラブルとならないようにすることが大切なのです。

Pick Up