日本には分譲住宅と賃貸住宅がありいずれの住宅にも一長一短があるのです。特に賃貸に住む際は注意点があるのです。

賃貸の初期費用分割払い

賃貸住宅のメリットとデメリットについて

日本には土地と家屋を購入して自分の家とする分譲住宅、人の土地や家屋を借りて住むことのできる賃貸住宅があるのです。どちらの住まいにも一長一短があるのです。中でも賃貸住宅は日本人に人気があり多くの人が住んでいるのです。なかでも低所得者層にとって賃貸住宅は有難い住まいでもあるのです。年収が300万円を切る人はなかなか住宅ローンを組んで生活をまわすことができません。そのため莫大な借金を抱えることになる分譲住宅の購入は難しいのです。しかしその点、賃貸住宅であればこうしたローンを組む必要もなく、月々家賃を払えばよいだけなので、プレッシャーを感じずに生活することができるのです。

しかし賃貸住宅にはデメリットもあるのです。それは何年も毎月家賃を払い続けたとしても一向に自分の資産、所有物にならないということなのです。働いているときは良いものの年金生活になってくると毎月の家賃を捻出するのが大変であり、国民年金しか受給していない人は家賃が捻出できず、70歳を超えてもアルバイトなど働きに出なければいけないのです。賃貸を借りて生涯そこに住み続けるのであれば、ある程度老後の蓄えがある状態で住むことが大事です。しかしURや公団の団地に住んでいても、あくまで借り物であるので都市開発によって立ち退きを命じられることもあるのです。