賃貸物件で家主の許可なく同棲を始めると契約違反になり、退去を要求されることもあるので注意が必要です。

賃貸の初期費用分割払い

賃貸物件で同棲する場合は家主の許可が必要です

大好きな彼氏や彼女とずっと一緒にいたいと思うことは誰にでもあることだと思います。そんな時に結婚という形をとらない場合もあります。この場合は、同棲という形になります。そして、その同棲の始まりは、どちらかが相手側の賃貸マンションに転がり込むという場合が多いです。しかし、この場合、注意するべきことがあります。もちろん、恋愛は自由ですから、そこではありません。借りているマンションの賃貸借契約上の問題です。

具体的には、賃貸借契約において、入居者を限定している場合があるからです。そして、その契約している入居者意外が同居するということを認めていない場合があるのです。この場合、転がり込む形で始まった同棲は、非常に残念ですが契約違反になります。契約違反になるという事は、家主側から契約を解除させる恐れがあるという事です。そして契約を解除されれば、そこに住み続けることはできなくなります。つまり、退去をしなければならなくなるという事です。幸せな同棲生活に水を差されることになります。そうならないためには、事前に家主側に同棲を始める許可をとっておく必要があります。許可をしてくれなかった場合は、安心して同棲生活を満喫できる物件に引っ越しをする方が良いでしょう。