賃貸の家賃の相場を構成する要素として知っておくべきものの1つに、その地域の競合物件の数というものもあります。

賃貸の初期費用分割払い

競合物件の多い地域では賃貸の相場は少し安くなります

誰でも、希望の条件を満たした賃貸物件が安く借りられたら嬉しいと感じるでしょう。しかし、相場というものがあり、掘り出し物を見つけるという事は、簡単なことではありません。しかし、その相場というものを構成する要素をしっかり理解していないと、相場を勘違いしてしまうという事はあります。相場を構成する要素には、いろいろあります。都心部までのアクセスも1つです。これは通勤時間に影響を与えるからです。それから駅までの距離も重要です。そして、その物件自体に関することもあります。つまり、築年数や、専有面積などです。構造や共有施設なども影響を与えます。

しかし、これら以外で、意外と見落とされることがあることがあります。それは、その地域に競合する物件がどれくらいあるのかという事です。これは、その土地に馴染みのない人には分かりにくいことです。地図を見ても、それだけでは分かりません。主要駅までの所要時間や駅からの距離が同じでも、競合物件が多い地域の家賃は、少し安く設定されていることが多いです。離れた地域に引っ越しをする場合などは、全体的な地図などで、場所を特定する前に、家賃をベースに検索をすることで、分かってきます。競合物件が多いという事は、よく似た環境の人が多く住んでいるという事でもあり、住みやすい街だということもできます。