賃貸物件を借りるのに最も適した地域は、様々な要因から「都心部に近い田舎町」であると考えます。

賃貸の初期費用分割払い

おすすめの賃貸物件地域

賃貸物件とは、月に家賃がいくらという形で不動産屋と契約し住まいを借りる物件のことを指します。家賃とは毎月必ず支払わなければならないものですから、なるべく低価格でなるべく良い物件に住みたいと考える人が多いのではないでしょうか。そんな中、賃貸物件を借りるのに最も適した地域とは一体どこなのか考えてみました。考えた結果、結論から言うと、「都心部に近い田舎町」だと思います。正直な所、田舎に行けば行く程、土地代も安いわけですから、家賃だって安いのでは?と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、一概にそうとは言えないのです。田舎に行けば行く程、不動産屋の数も減少しますし高齢化が進んでいる地域も多いことから需要がどんどん減り、不動産屋の価格競争というのが皆無に等しいと言えます。地域密着型の個人経営のお店が1店舗だけで需要を独占しているということも珍しくありません。他にライバルがいないわけですから、なかなか価格も安くならないのです。一方、都心部に近い田舎町というのはその逆のことがいえると思います。都心から近い分、住む人口が多い=賃貸の需要も多い。しかしながら不動産屋の数も多いため、価格競争も激しい。こういった結論から、賃貸物件を借りるのに最も適した地域は「都心部に近い田舎町」であると考えます。